カンボジアから外国人研修生を呼ぶメリット

農業の人手不足の解消に話題になっているのが、近隣諸国から外国人研修生を呼ぶ方法です。

カンボジアの外国人研修生ならお任せください。

しかし特にカンボジアから呼ぶメリットは多いとされています。
それはなぜでしょうか。
カンボジアはアジアの一国ですが、一番多い職業が農家だからです。
特にお米農家が多く、お米を主食としているのは日本との共通点です。

さらに仏教を主に信仰しているので、日本人と似通った感覚を持っている方が多いです。



またお米をよく食べるという点で、パンなど欧米の食事を食べる国出身の外国人に比べ、日本の料理に早く馴染む傾向があります。
なので日本でのホームステイや寮生活の食事の心配はほとんどありません。



また外国人研修生の派遣に力を入れているので、すでにカンボジアの企業で日本語や日本文化をある程度学んでから来日することも多く、受け入れ側としては安心です。

特に若者は日本の漫画や音楽に興味を持つ者も多く、日本文化に直に触れたい方も増えています。

また元々稲作に携わっていた人は、日本の最新農耕技術や機械、稲作技術に深い興味を持ち、真剣に知識をつけてカンボジアに帰って活かしたいという方も多いです。


人手不足の解消や、外国人に日本の素晴らしい稲作技術を継承したい方は、ぜひ一度カンボジアの外国人研修生受け入れを検討してみてはどうでしょうか。
また双方の国のお米を使った料理で国際交流も楽しめます。

外国人研修生を派遣しているウェブサイトに気軽に相談してみましょう。