外国人技能実習生を採用するメリット

外国人技能実習制度は2010年度よりおもにベトナムやカンボジア、フィリピンなどの新興国の若者たちが日本に来日して様々な職種の企業や工場あるいは農林水産業などのなかで働くことにより日本の提供している技術や知識を身につけ本国に帰国したあともその国の発展を担う人材を育てるべく創設された制度です。


現在では68職種、126作業にもわたり受けいれが可能となっており今後もますます拡大されていくものであると予想されています。

今よりも外国人技能実習生情報について詳しく解説しております。

外国人技能実習生として来日するためには日本に滞在するために資格証となる技能実習の許可を取得する必要があります。この技能実習の許可証は入国管理局に受け入れる側の日本の企業情報や外国人技能実習生についての情報、さらにはどのような職種を希望しているのかについての情報を申請する必要があります。

日本側が外国人技能実習生を受け入れるメリットには様々なものがあります。



例えば少子高齢化が進む一方の日本では深刻な労働力不足が挙げられますが若くやる気に満ちた外国人技能実習生を採用することで安定的に製品の供給や管理が可能となります。

また日本人スタッフが指導することでモチベーションのアップにもつながります。

その他にも自社で海外のリーダ候補生を育成することができるといったメリットもあります。



現在の法制化では外国人技能実習生は最長3年間のみしか日本に滞在することができませんが今後最長5年に延長する案が検討されていることから今後もますます需要が大きくなっていくでしょう。