カンボジアの外国人研修生が注目される理由

今日本の経済界において、カンボジアの外国人研修生の受け入れがとても注目を集めています。

カンボジアの外国人研修生の珍しい情報をご紹介しています。

国内での生産年齢人口の減少が、経済発展へのボトルネックになるのではないかという問題があり、その問題を解消するための対策としてカンボジアの外国人研修生が役に立つのではないかと期待されているわけです。



しかし、外国人の労働力を受け入れるというのなら、何も同国に限らず他にも中国や韓国、アメリカ、ヨーロッパなどでも問題ないわけですが、なぜカンボジアなのかというと、それには様々な理由があります。


まず同国の人は非常に親日的な国民だということがあります。
なぜ、親日的なのかといいますと、日本は同国に対して多大な経済的援助を行っているからです。


実は同国にとって日本は最大の経済援助国であり、そのため同国の国民は日本に対してとても恩義を感じていますし、また、アジア有数の経済大国として繁栄している日本に尊敬の念をもってもいます。

ですから、同国の人は日本人に対してとてもフレンドリーで、受け入れても軋轢を生じにくいということがいえます。



またカンボジアの方は、そのほとんどが仏教徒であり穏やかな国民性です。
日本の業務において差し障るような宗教的な儀礼・慣習を行うこともほぼ無いので、同国の外国人研修生は使用者側としてもとても雇いやすいです。
また、カンボジアの人は、日本人に負けないくらい勤勉に働くということで評判で、外国人研修生として受け入れることで、職場が活性化したという事例もあるほどです。