介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームの入所者の状態や生活歴に合った良い刺激を提供することが重要です。

具体的なアクティビティケアとしては、ゲーム、ペット、テレビなどがあげられます。

アクティビティケアでは、入所者の生活を活性化させるために行う援助者からの意図的なアプローチの一つです。

施設についてよくいわれることは、介護の連続性はあっても生活の連続性や継続性が経たれてしまっているということです。また、介護付き有料老人ホームのサービスの枠にあてはめてしまうケアプランになりがちであり、入所者のニーズに応えているとはいえない現状があります。

だからこそ、入所者の可能性を積極的に引き出すアクティビティケアが大切となってきます。

介護付き有料老人ホームでのアクティビティケアは、施設によって色々なかたちをとっていますが、その代表的な活動としては、グループ活動やクラブ活動があげられます。

また、年間行事、入所者との交流を目的とした外部からの訪問、喫茶会、外出など入所者の生活を活性化する活動がすべてアクティビティケアとなっています。

そして、入所者がこれからのなかから自分の希望するものを選択し、参加していけるよう援助していくことが現場スタッフに求められます。

また、入所者が生活を楽しみ、生きる張り合いや生きがいを持つためにも、スタッフは一人ひとりがどのようなことを望んでいるかをアセスメントし、アクティビティケアをケアプランに結び付けていくことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *