住宅型有料老人ホームとは

有料老人ホームにもさまざまなタイプがありますが、住宅型有料老人ホームとよばれるものは、主として食事のサービスや洗濯、掃除

といった、日常生活にかかわる支援サービスを受けることができる、高齢者向けの施設となっています。

特別養護老人ホームのような施設とは違って、かならずしも要介護認定がされていない人でも利用可能ですので、
自立した元気な状態から入居してサービスが受けられるというのはメリットとして大きなところといえるでしょう。

高齢になってくると、掃除などの日常的な動作だけでもかなり身体的な負担となってしまい、なかなかおっくうになるものですが、
こうしたサービスがあれば、毎日をより快適に過ごすことができるようになります。

介護保険法にもとづく介護サービスをこうした有料老人ホームで受ける場合については、基本的に外部の介護事業所と契約を結んでからということになりますが、
多くの場合、実は有料老人ホームの建物に併設して、介護事業所があったりもしますので、あまり心配になる必要はありません。

ただし、要介護度があまりにも進行してしまった場合には、介護保険の上限を超えてしまって、自己負担が高額となる場合もありますので、
そうしたときは特別養護老人ホームなどの別のタイプの施設を探したほうがよいかもしれません。

住宅型有料老人ホームの費用については、施設内の設備によってかなりばらつきがありますので、いったん見積りをとってから検討するのが基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *